木曾平沢町並み保存会   NPOビレッジならかわ   しおじりひろば   塩尻・木曽フィルムコミッション  
メイン
仕事内容
こだわり
道具・材料
その他
お問い合わせ・ご注文
リンク
工房日記
前月2018年 1月翌月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
<今日>
今日の予定 (書き込みが無い場合は工房で仕事をしてます)
予定なし
このサイトについて
リンクバナー


リンク

アルバムトップ : 風呂桶  : 風呂桶 A-1 :  Total:2

並び替え:  タイトル () 日時 () ヒット数 ()
現在の並び順: 日時 (新→旧)

1 番〜 2 番を表示 (全 2 枚)



風呂桶 A-2

風呂桶 A-2高ヒット
投稿者situgeisitugei さんの画像をもっと!   前回更新2009-8-12 21:20    
ヒット数1211  コメント数0    
塗りが仕上がった風呂桶です。初めに蓋の縁や桶の縁にバイヤスに切った麻布を貼り、今回の木地作りの特徴である鉋目の表情を活かしたくて、木地固めの後に全体に蒔地下地をして塗りを重ねて行き、最後は上塗り仕上げにして有ります。依頼主のご希望で少し暗っぽいウルミ色です、実際の色味は画像より少し黒いです、大きな物の上塗りは埃等の節が付きやすいですし、非常に難しいです。小物の上塗りしかされない方には、無理な塗り物かもしれません、久しぶりの大物で気合が入りました。

風呂桶 A-1

風呂桶 A-1高ヒット
投稿者situgeisitugei さんの画像をもっと!   前回更新2009-3-4 20:32    
ヒット数1333  コメント数0    
色々な形や大きさの風呂桶を始め、様々な桶作り等をされている方に漆塗りを頼まれた、直径100cm深さ60cm、椹(さわら)材造りの風呂桶です。依頼主の希望の色漆が有り、その色で仕上げてほしいとの事で、当初は摺り仕上げでどうかと相談されましたが、長年使用して行った場合、板剥ぎの所はどうしてもずれが生じてしまい、木地の部分が出て来る可能性が有り、其処から劣化して来る事は否めないですし、その上、椹は桧等と同じく柔らかな材だから凹み易く欠け易いから、それが原因で耐久性と言う事ではお勧めしませんとお話ししました。色々と打ち合わせをしたうえで、総体を塗り仕上げにする事になりました。詳しい工程は、仕上げて画像アップした時に掲載します。

1 番〜 2 番を表示 (全 2 枚)



最近の作品
最近の請け仕事
最近の修理品
2.3尺広蓋 A-1 (2018-1-14)
2.3尺広蓋 A-1
総八角箸 F-2 (2018-1-3)
総八角箸 F-2
総八角箸 E-2 (2018-1-3)
総八角箸 E-2
洋服箪笥 (2018-1-3)
洋服箪笥