木曾平沢町並み保存会   NPOビレッジならかわ   しおじりひろば   塩尻・木曽フィルムコミッション  
メイン
仕事内容
こだわり
道具・材料
その他
お問い合わせ・ご注文
リンク
工房日記
前月2017年 8月翌月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
<今日>
今日の予定 (書き込みが無い場合は工房で仕事をしてます)
予定なし
このサイトについて
リンクバナー


リンク
SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)

お作りになられている漆室の天板、側板などの板の剥ぎあわせについてお教えください。いわゆるイモ継でしょうか、本ザネによる継ぎでしょうか。
回答者: Situgei 掲載日時: 26-Mar-2013 20:38 (1823 回閲覧)
お問い合わせの件につきまして、イモ継ぎと言うか、相じゃくりです。本実継ぎでも構いませんが、本来漆室は修理をして使って行く考えで作ります。桧材で作れば、短期間に傷みが出てくる物では無いですが、稀に部分的に傷み(腐り)が出る部分が有ります、其の時にその部分のみを交換したい場合、本実継ぎですと、交換に苦労しますし、交換する時に返って何とも無い方の継ぎ手の部分が欠け易いです。簡単に交換出来る事を踏まえると、イモ継ぎと言うか相じゃくりの方が良いと思います、参考にして頂ければ、幸いです。


最近の作品
八角男箸 1 (2017-3-7)
八角男箸 1
堆漆の茶杓 1 (2016-8-10)
堆漆の茶杓 1
総八角箸 1 (2016-6-14)
総八角箸 1
釉彩鉢椀 (2016-4-11)
釉彩鉢椀
最近の請け仕事
最近の修理品